top of page
  • 執筆者の写真出水 享

♯008木原真:連載:徹底解剖!『道守』に聞く6の質問

更新日:2022年1月28日



名前:木原 真

ふりなが:きはら まこと

道守の資格:道守

活動地区:佐世保地区(でも住まいは諫早)

所属先:株式会社アサヒコンサル

趣味:ジョギング・子どものスポーツ(ソフトテニス)観戦・DIY(妻に怒られない程度)


【6つの質問】

質問1 普段どんなお仕事をしていますか?

建設業と建設コンサルタント業の両方を行っている会社に所属していて、主に地すべり等の斜面対策工事・災害復旧工事の調査、設計、施工管理が主な仕事です。

また、一般的な道路設計等もやっています。


質問2 道守を受講したきっかけや動機は?

自分が住んでいる地域にある道路インフラを市民目線で見守るというコンセプトに大いに共感を覚えたからです。

また、会社からの薦めもあり、ありがたく受講させていただきました。


質問3 道守を受講した感想は?

自分がこれまでに学んだ分野とは多少違う分野で、少し難しいところもありましたが、講義が資格試験の内容に直接関係したことがあり、その時はたいへん役立ちました。


質問4 道守養成ユニットの会に入会してよかったことは?

少しずつではありますが、知り合いが増えてきました。

様々な業種の人からいろいろな話を聞かせていただくことによって、インフラについてより深く知ることができるようになったと思います。


質問5 道守養成ユニットの会に期待することは?

 今はコロナの影響でなかなか会って活動することが難しいですが、コロナが無事に収束したら、一緒に共同点検をしたり、道路清掃活動をしたりして会員のみなさんと親睦を深めるような活動ができたらいいなと思います。


質問6 あなたにとって道守とは?

 「自分たちが使う道路を自らの手で守っていくんだ」という、そのような意識を一般の人たちに啓蒙するために活動する地域のリーダーというところでしょうか。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20233年度道守養成ユニットの会・活動実績公開

道守養成ユニットの会2023年度の活動は、ボランティア、若手の育成、技術研鑽、他県の技術者との交流など多くの活動を行いました。活動に参加・協力いただいたみなさま、2024年度も地域の道を守るためにがんばりましょう! ・長崎地域部会が道路点検・清掃活動(5月) ・幹事会(5月) ・上五島地域部会がボランティア活動及び道路異常点検(5月) ・国際協力機構(JICA)の技術協力プロジェクト(6月) ・佐

長崎で道路の見守り活動を行います

道路見守りのためのボランティア活動 (愛護団体 "道守" 養成ユニット長崎地区)のご案内です。 下記日程におきまして、長崎大学周辺の歩道を歩きながら 道路の清掃 ならびに異常・危険箇所のチェックを行います。 ●日時: 5月 25日(土) 9:00~10:30 清掃・点検 ●集合場所:インフラ総合研究センター ●集合時間:8:50 詳細につきましては、添付ファイルをご覧になり、参加を 希望される方は

初代会長の吉川氏が土木学会から表彰

道守養成ユニットの会の初代会長の吉川國夫氏が土木学会2023 年度 インフラメンテナンス賞インフラメンテナンスエキスパート賞を受賞しました。 インフラメンテナンス表彰制度は、土木学会が実施するもので、インフラメンテナンス分野に特化し、インフラメンテナンスに関連する優れたプロジェ クト(事業)、人・団体(技術者、オペレーター、管理者等)、個別要素技術(点検・診断、施工方法、材 料等)および論文(実践

Comentarios


bottom of page