top of page
  • 執筆者の写真出水 享

長崎地区で道の見守り活動を行いました。



長崎県のコロナレベルがステージ1になったことを受けて、延期していた道守養成ユニットの会長崎地区第1回の道の見守り活動を7月17日土曜日を行いました。


道の見守り活動とは、道の清掃・美化を行いながら道のひび割れ、穴ぼこ、凹凸、カーブミラーの腐食など道の異常を点検する活動のこと。


当日は22名の会員が参加し、久しぶりの活動に汗を流しました。道守養成ユニットの会の吉川会長は、『久しぶりの開催でしたが新しいメンバーの参加がありました。またお子さんもつれてこられて一緒に清掃活動をしている姿が微笑ましく思い開催できてよかったと思いました。会員同士も久しぶりの再会で嬉しそうでした。当会は微力ながら市民にとって大切な道の安全・安心に貢献できればと思っています。』と述べていました。




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20233年度道守養成ユニットの会・活動実績公開

道守養成ユニットの会2023年度の活動は、ボランティア、若手の育成、技術研鑽、他県の技術者との交流など多くの活動を行いました。活動に参加・協力いただいたみなさま、2024年度も地域の道を守るためにがんばりましょう! ・長崎地域部会が道路点検・清掃活動(5月) ・幹事会(5月) ・上五島地域部会がボランティア活動及び道路異常点検(5月) ・国際協力機構(JICA)の技術協力プロジェクト(6月) ・佐

長崎で道路の見守り活動を行います

道路見守りのためのボランティア活動 (愛護団体 "道守" 養成ユニット長崎地区)のご案内です。 下記日程におきまして、長崎大学周辺の歩道を歩きながら 道路の清掃 ならびに異常・危険箇所のチェックを行います。 ●日時: 5月 25日(土) 9:00~10:30 清掃・点検 ●集合場所:インフラ総合研究センター ●集合時間:8:50 詳細につきましては、添付ファイルをご覧になり、参加を 希望される方は

初代会長の吉川氏が土木学会から表彰

道守養成ユニットの会の初代会長の吉川國夫氏が土木学会2023 年度 インフラメンテナンス賞インフラメンテナンスエキスパート賞を受賞しました。 インフラメンテナンス表彰制度は、土木学会が実施するもので、インフラメンテナンス分野に特化し、インフラメンテナンスに関連する優れたプロジェ クト(事業)、人・団体(技術者、オペレーター、管理者等)、個別要素技術(点検・診断、施工方法、材 料等)および論文(実践

Comments


bottom of page